LINEで送る
Pocket

2017年11月、エルゴベビーから新しい抱っこひもOMNI360が発売されました。OMNI360の特徴を私なりにまとめてみました。

スポンサーリンク




OMNI360 はエルゴベビーの最上級モデル!


2017年11月に発売されたエルゴベビーOMNI360。「オムニ スリーシックスティ」と読みます。オムニとは英語の接頭辞で「すべて」という意味があるようです。OMNI360はその名のとおり、すべて揃っている抱っこひもです。
「2017年度 日本グッドデザイン賞」を受賞したエルゴベビーの最上級モデルです。


OMNI360の特徴

新生児からオプション品なしで使える

首すわり前の赤ちゃんを抱っこする際、エルゴベビー オリジナル、360では別売りのインファントインサートが必要ですが、OMNI360は不要です。インファントインサートなしで新生児から抱っこできます。

対象体重が3.2kgからとなっているので、産まれてすぐは使えないことが多いと思います。また、0ヶ月の赤ちゃんはSGマーク制度の適用対象外ですので、体重3.2kg以上、生後1ヶ月以上になってから使うのが安心です。

インファントインサートなしで首すわり前の赤ちゃんをしっかり支えられるのかが気になるところ。

OMNI360は、赤ちゃんを乗せるシートのサイズをウエストベルトの内側にあるマジックテープで調整して使います。
新生児は一番内側の赤色のラインに留めて使います。3ヶ月になったら黄色のライン、9ヶ月からは青色のライン、というように、シートサイズを変えることができるので、どの月齢の赤ちゃんでも安定して抱っこできます。

また、抱っこしたとき、赤ちゃんの首部分にあるヘッド&ネックサポート。これを内側に折り込んで使うことで、首すわり前の赤ちゃんの首を支えてくれます。
出典 エルゴベビー・ベビーキャリア OMNI360 取扱説明書

前向き抱きを含めた、すべての抱き方ができる

赤ちゃんと抱っこするママやパパが同じ方向を向く前向き抱きができます。
赤ちゃんは周りがよく見えるので喜びます。抱っこひもが嫌いな赤ちゃんでも、この抱き方だけは大丈夫なんてこともあります。うちの子も歩き始めた頃から抱っこひもを嫌がるようになりましたが、前向き抱きだけは喜んでくれます。

OMNI360は、前向き抱きだけでなく、対面抱き、おんぶ、腰抱きも、もちろんできます。

肩ストラップのクロス装着ができる



対面抱き、前向き抱きの時、肩ストラップを背中でクロスさせて使うことができます。クロスさせないパラレル装着でも肩は楽ですが、クロス装着はさらに楽です。

首すわり前までの赤ちゃんを抱っこした際にはフィット感が増します。

また、「エルゴベビーは海外製だから大きめにできていて、小柄なママにはあまり向かない」との口コミが多いエルゴベビーですが、クロス装着は小柄なママにもおすすめです。

15kgまで使える

対象体重の上限は15Kgとなっています。エルゴベビー オリジナル、ADAPTは20kgまで使えるので、購入時に検討するポイントとなります。とはいえ、3歳頃までは使えると思います。より長く使いたい方は注意してくださいね。

肩と腰が楽

どのエルゴベビーも肩と腰が楽です。OMNI360は腰部分にサポートパッドが付いているので、さらに腰の負担が少ないです。
エルゴベビー オリジナルよりもOMNI360のほうが肩と腰が楽です。

サイズ調整も簡単

すべてのエルゴベビーにいえることですが、ウエストベルト、肩ストラップ、胸ストラップの長さ調節が片手で簡単にできます。長くするのも短くするのも簡単なので、パパと兼用するのも楽です。


カラーバリエーションは?


一番人気のパールグレー

2018年2月現在は次の4カラーです。

  • ブラック
  • ミッドナイトブルー
  • パールグレー
  • カーキ

定番カラーとカーキというところでしょうか。どれも洋服に合わせやすく、パパも使える色なのは嬉しいですね。
今後、バリエーションが増えることにも期待したいですね。


OMNI360の抱き方別対象月齢

対面抱き

生後0カ月(体重3.2kg)から36カ月(体重15kg)まで。
SGマーク制度の適用対象月齢は、生後1カ月から24カ月(体重13kg)まで。
新生児0カ月から1カ月まで、24カ月以上はSGマーク制度の適用対象外です。

前向き抱き

首がすわった5カ月(体重6.4kg)から36カ月(体重15kg)まで。
SGマーク制度の適用対象月齢は、首がすわった5カ月から24カ月(体重13kg)まで。
24カ月以上はSGマーク制度の適用対象外です。

前向き抱きのできるもう一つのエルゴベビー、360での前向き抱きは、5カ月から12ヵ月(体重10kg)までですので、OMNI360のほうが長く使えます。

腰抱き

6カ月(体重7.8kg)から36カ月(体重15kg)まで。
全期間、SGマーク制度の適用対象です。

おんぶ

6カ月(体重7.8kg)から36カ月(体重15kg)まで。
全期間、SGマーク制度の適用対象です。


OMNI360 はこんな方におすすめ!

すべての方におすすめですが、次のような方には特におすすめです。

  • 首すわり前の赤ちゃんを手軽に抱っこしたい方
  • 前向き抱きをしたい方
  • パパと兼用したい方
  • 簡単に抱っこできるから、抱っこひもを初めて使う方に
  • クロス装着できるから、小柄な方にも


OMNI360 のデメリット

  • 価格が高い
    これ1つですべての抱き方ができるので、やはり価格は他シリーズよりも高めです。ですが、オリジナル、360では新生児から使用する場合、別売りのインファントインサートを購入が必要です。インファントインサートの購入を踏まえれば、OMNI360の価格はとても高いというわけではありません。
  • かさばる
    持ち運びの際にかさばります。とはいえ、エルゴベビーの他シリーズも他社の抱っこひもも、かさばるものがほとんどです。持ち運ぶときは収納カバーを使っている方も多いようです。
  • ファスナーポケットがない
    オリジナルは赤ちゃんの背中にあたる部分にファスナーポケットがありますが、OMNI360 にはありません。ちょっとした外出の時、鍵やお財布を入れるのに便利だったので、少し残念です。


OMNI360の購入方法

エルゴベビーの抱っこひもの偽物が多数出回っています。日本正規取扱店舗からの購入が安心です。なかでも、エルゴベビー公式通販サイト ダッドウェイは品揃えが良く、対応も良いのでおすすめです。

エルゴベビー公式通販サイトで OMNI360 を見る

LINEで送る
Pocket