LINEで送る
Pocket

私が実際に使ってみた感想です。赤ちゃんを抱っこするのは毎日のことです。安物を買って肩や腰に負担をかけるよりは、多少高くても体への負担が少ないエルゴベビー抱っこひもをおすすめします。

スポンサーリンク




圧倒的に楽

やっぱり他社の抱っこひもと比べても圧倒的に「楽」ですね。
特に産後ママの体はとても疲れやすく精神的にもデリケートになっていて、ストレスもたまりやすいです。体への負担軽減、家族のためにストレスをためないためにもエルゴベビー抱っこひもの購入をおすすめします。

寝かしつけるのも楽

抱っこひもといえば外出する時に使うというイメージがあると思いますが、私の場合このエルゴベビー抱っこひもは家の中で使うことの方が多いくらいです。というのも、赤ちゃんは眠い時に大泣きします。寝たくてもうまく寝られないからですね。そんな時はエルゴベビー抱っこひもに入れて寝かしつけましょう。割とすぐに寝てくれますよ。

おんぶも楽

エルゴベビー抱っこひもはおんぶも「楽」です。私の場合、5ヶ月目くらいからおんぶを始めました。最初のうちは一人でおんぶするのが難しくて、赤ちゃんを落とすんじゃないかとドキドキしながらベッドの上で慎重にやっていました。でも慣れてくれば簡単にできます。最初のうちは赤ちゃんもぐずっていましたが、そのうち寝ちゃいます。おんぶできると家事がとても楽になりますよ。

抱っこしたまま授乳できる

外出先で困るのが授乳する場所。最近ではベビールームのある施設が増えてきましたが、まだまだないところもあります。授乳室はあったけれど使用中で長時間待つなんてこともよくあります。
エルゴベビーなら抱っこしたまま、スリーピングフードをかぶせて授乳ができます。私は抱っこひも用ケープを使っているので、横から見える心配もありませんでした。
授乳してくるからと、家族を待たせることもなく助かりました。

インファントインサートは「おくるみ」代わりに使える

こういう使い方をされているママさんも結構多いと思いますが、エルゴベビーのインファントインサートは「おくるみ」代わりに使えます。ママの立場から言えばとても抱っこしやすいですし、赤ちゃんも包まれている感じがあるからか、おとなしく抱っこされていました。そして気が付けば寝ている状態でした。
外出先で寝てしまった場合でも、抱っこひもからおろしてインファントインサートに包んだまま寝かしておくこともできます。

LINEで送る
Pocket